Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

test

test

test

wao!

ボクラハ、マタツアーニデカケルヨ

thanku

左:Jazzman Gerald
右:Lincoln Wood


JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
ご来場頂きました全てのお客様にお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
”PARTY of PARTY”の名に相応しい素晴らしい夜になりました。
また、その日のご来場だけではなく、お一人お一人が
それまで触れてこられた、長い音楽の道のりにも沢山の感謝を致しております。
お互い、更に素敵な音楽に出会っていって、またの日を迎えましょう。
その際には、また宜しくお願い致しますね。

SOUL MAFIA、ROCK'N ROLL MAFIAの先輩
ご出演者、DJ、誇らしげに佇んでいた蓄音機
会場提供のPLASTIC THEATER、
寸分の狂いのない地獄の門番キャッシャー、盟友シノ
桜の取り付けに借り出されたSOUL BOY、石田耕一
デザインワークの門間君
桜の仕入れを頑張って下さったお花屋さん、円山・Little、
梟と猫の衣装、オーダーメイドMar Tailor
仙台から応援してくれたヤスコ

沢山の頼りがいと大きなご協力をありがとうございました!

special thanks
Jazzman Gerald & Lincoln Wood

and...Keb Darge


また、楽しい夜に行きましょう!
画像などもございますので、ハイライト詳細は週明けにブログにてUPしますね。

THANK YOU FOR YOUR EVERYTHING!!
WE LOVE U!!

Fukuroutoneko

フルスロットル!今夜22時。Jazzman Gerald/Lincoln/Fat Masa/Takezo/Kensuke/Matsuda/Uchiyama/Nakano

jg


いよいよ、今夜を迎えます。
Fukuroutoneko project、7ヶ月煮込んだ春の宴を始めます!

22時、トップを飾るのはリンカン。
イギリスで『Legendary Deep Funk』を
Keb Darge,Snowboyと共にオリジナルメンバーとして興しました。
ここから”DEEP FUNK"は世界に向かってゆきます。その原点でもあるリンカン。
日本に居を移してからはFUNKのみならず、JAZZやSOUL等、多方面で大活躍中です。
音もさることながら、モデル並みの長身、甘いルックスや着こなしも一流!
ダンサーとしても華やか流麗、十分な見応えがあります。
今夜は、いきなりリンカンから始まるのでお見逃しなく!

リンカンからの熱いバトンを受けるのは、
新婚ほやほやの寿DJマツダ君です。金麦が大好きです。
ブースインしましたら、おめでとうコールをお願い致しますね。
普段は不定期イベント、FAbULOUS LOUNGE等、カフェ系イベントをメインに活動中。
カフェ系?いやいやアルコール系です。

続きまして、HMVのウチヤマさん。
ラジオFM NORTH WAVEで日曜日深夜24時から25時、
ブラックミュージックがメインの"MIDNIGHT NOTES"のパーソナリティでもご活躍。
深夜の五臓六腑にかなり効くプレイリストです。月曜の朝が怖くなくなります!

さて、ここで蓄音機ショウを挟みます。
REGGAE DJとして20年以上しっかりと歩み続けるナカノ君。
現在ご執心なのは蓄音機。すごく深い森に入られてしまっているんですね。
JAZZMANレーベルから、1949年生まれの78回転が世界初の再発を遂げたばかり。
CLUBで蓄音機を回すのも、ここが初になるでしょう!

いよいよJAZZMAN GERALD御大の一回し目。
東京、大阪とツアーをこなし、初来札となります。
何がPLAYされるかは、お楽しみ!
ハードディギンされたラインナップ揃いなのは間違い無しです。

続きましてFAT MASAさん。
百戦錬磨、千戦練磨、説明不要な真打ちDJであるマサさんが
ジェラルド氏とリンカンにサンドイッチされるタイムテーブルです。
今宵も素敵なスーツ姿でブースに入るのでしょうか?
FMノースウエーブ毎週土曜夜7時、クラブジャズ専門番組「JOYOUS JAZZ」担当。

そして、リンカン二回し目。

さらに熱くなった鉄のバトンは、
受けるにふさわしい北海道デトロイト市在住のケンさんに回ります。
普段はとっても優しく謙虚なケンさん。
やる時はとことん勝負に出る素晴らしいDJです。繋ぎの美しさは圧巻です。
ケンさんの一番のファンである奥様のマネジメントも最高です。

そして、ケンさん盟友のTAKEZOさんに飛び火。
いったい、いつ寝ているのか?夜毎続くパーティピープルです。
面倒見の良さから、沢山の方々のだいじなお兄さんです。
確かな音、深まって熟成。艶ここにあり!

TAKEZOさんからジェラルド氏にバトンをお返しし、札幌ラストとなります。
翌日は福岡にお渡し致します!


とまぁ、このような流れです。
番外編と致しまして、私達FUkuroutonekoでは一足早いお花見をご用意。
円山・Littleさんというお花屋さんの元、
たっくさんの桜で場内をジャポネスクロマンにいざないます。

ではでは、これからジェラルドさんとリンカンをお迎えに行ってまいります。
今夜、皆様のご来場を心いっぱいお待ち致しております。
どうぞ宜しくお願い致します!



JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
★★★★★SPECIAL TIME TABLE★★★★★

10:00-10:30 Lincoln
10:30-11:00 MATSUDA
11:00-11:30 UCHIYAMA
11:30-11:45 蓄音機ショー/NAKANO MC/MORRY
11:45-12:45 Jazzman Gerald
12:45-01:25 Fat Masa
01:25-02:05 Lincoln
02:05-02:35 Kensuke
02:35-03:05 Takezo
03:05-04:00 Jazzman Gerald



Fukuroutoneko Presents
JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO

2011/5/2(mon) START 22:00
@PLASTIC THEATER

GUEST DJ
JAZZMAN GERALD(JAZZMAN RECORDS/FROM U.K.)
LINCOLN(SEARCHING/BEBOP SQUARE/SOUL FEELING)

SUPPORT DJ
FAT MASA(JOYOUS JAZZ/WONDERFUL WORLD PRODUCTION)
TAKEZO(Gimme Some Lovin'!/HIP CITY/SFN at JAY'S CAFE)
KENSUKE(BLUE IN THE FACE)
MATSUDA(FAbULOUS LOUNGE)
UCHIYAMA(HMV SAPPORO)

PHONOGRAPH SHOW
NAKANO(MAWASHI RECORD)

MC MORRY

ART WORKS/YUSUKE MOMMA
PROJECT/Fukuroutoneko(SAEKO+KAMBARA)

adv.¥2000 w/f.¥2500 adm.¥3000


Thank u! We love u!
Fukuroutoneko

ジュンビハデキマシタカ?

【ジェラルド・ジャパンツアー】

いよいよ本日からジャズマンジェラルド・ジャパンツアーが始まります。
今夜は東京、30日は大阪、2日の札幌、〆は3日の福岡。

札幌のゲストでもあり、本ツアー企画者のリンカン。
余震が続く東京在住です。
お知り合いの方々はけっこうお国に戻られている中、彼は日本で踏ん張ってきました。
札幌に滞在する間だけでも、どうかゆっくり楽しんでいって頂きたいです。
このような状況の中で、素晴らしい英断をしてくれたなと思います。

札幌のご予約リストノート(通称、閻魔帳)もおかげさまでパンパンになってまいりました!
どうもありがとうございます!
受付終了時間は1日の20時までとなっております。
チケットは各DJ、大丸、4PLA、HMV、レコレコ、マガッツィーノさんで。

告知やご紹介などして頂いてる皆さん、
この場を借りて、どうもありがとうございまーす!たいへん助かります。

さあさあさあ!



【1日はMODS MAYDAY】

ジャズマン前日は、810で。5月はやっぱりモディの特別な月!
MAYDAYは年のはじまりってもんです。

スーツは作ったかーい!
スクーターのドレスアップは決まったかーい!
シューズはちゃんと磨きあげてねー!

さあさあさあ、POISON IVY史朗さん率いるMAYDAYに出掛けるぞ。



【祝・友の店】

惜しまれながら幕を下ろしたエルバッチャ。
復活!!!

Osteria crocchio(オステリア・クロッキオ)
狸小路8丁目、日曜日はお休み。17-25時。

イタリアーーン!おめでとうございます!
開店祝い、ちょっと待っててね。今持ってくから。

狸の路は名店多いぞ。
金富士だって狸小路ですしね。


こざっぱりと楽しんでゆこう!
さあこい、GW!

文 / 神原 琴美

蓄音機のこと

2011年5月2日。
この夜蓄音機を奏でていただくのは、
札幌で20年以上レゲエのDJとして活躍しているMAWASHI RECORDSのNAKANOさん。
レゲエセレクターである彼がなぜ蓄音機に関心をもつようになったか、
それは会場で直接お話しして頂きましょう。


さて、ひとことに蓄音機といえど、百年もの歴史があるものですから様々なモデルがあります。
当ショーでメインに使用する蓄音機は、イギリス・グラモフォン社の製品、HMV#102。
ポータブル蓄音機の傑作と名高い逸品です。
そして蓄音機で再生されるレコード、SP盤は、音の大小が盤によって異なり、
蓄音機一台ずつに対して音の相性がでるため、
それらも考慮して厳選された曲目をお楽しみいただくことになります。
当日、曲目リストが配られるのを楽しみに待ちましょう。


ところで、SP盤について調べていたら、
SP盤は、ラック貝殻虫という虫の分泌する、
シュラックという樹脂状物質とカーボンぽいものを混ぜて作ることがわかりました。
む、虫の液。


JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPOROでは、
めったに観ることの出来ない、蓄音機ショーをご覧いただけます。
ラック貝殻虫の音色に耳をすませよう!!



【NAKANO氏こぼれ話】

当日、会場で皆さんが踊るフロアは、プラスティックシアター前身のWALLからのもの。
このウッドフロアを作った人は実はNAKANO氏であった。時は80年代後半。

取材時、NAKANO氏より、『(今回)どうしてプラスティックシアターでやるの?』に聞かれ、
神原が『アクロバット系のダンサーがケガをしないように、イベントを打つ会場は必ずウッドフロアである事を条件にしている。』と答えたら、
『実は、その床俺が張ったんだ!』とのご回答。

縁ですね~。





☆お知らせ☆

4月28日に NAKANO氏主催のレゲエイベントがあります。


MAWASHI RECORDS presents
RIGHTEOUS
= まだ見ぬ強豪シリーズ 第1弾 =

GUEST DJ >> JOYTONE DISCO from FUKUSIMA
DJ >> MAWASHI RECORDS / BOUYA ( jammin' ) / YUSUKE ( ONE TIME )

@JADE
10PM~

TICKET.\1,000
W/FLYER. \ 1,500
DOOR. \ 2,000

不定期開催でありながら常に話題となる " RIGHTEOUS "。
今回は、REGGAE MUSICがここまで日本で浸透する以前からJAMICAに渡りREGGAEと共に歩んで来た 通称 " 白河のBERESE HAMMOND "こと " JOYTONE DISCO "が、福島からゲストで登場します。
この日は、深みのあるREGGAE MUSICを聴いて 明るい未来への活力をつけましょう。

INFO:http://www.club-jade.net/calendar/04/28.html


文責・SAEKO

打順!

2

本日、パーリー2週間前になりました。
連日ご予約を頂いており、本当にありがとうございます!
チケットも各プレイガイドで発売しておりますので合わせて宜しくお願い致します。

さて、当日の打順です。
当イベント、4番打者ばかりのDJ陣であります。

まずは、Lincolnからのホームランを浴びてください。
とても贅沢な時間で始めます。


JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
★★★★★SPECIAL TIME TABLE★★★★★

10:00-10:30 Lincoln
10:30-11:00 MATSUDA
11:00-11:30 UCHIYAMA
11:30-11:45 蓄音機ショー/NAKANO MC/MORRY
11:45-12:45 Jazzman Gerald
12:45-01:25 Fat Masa
01:25-02:05 Lincoln
02:05-02:35 Kensuke
02:35-03:05 Takezo
03:05-04:00 Jazzman Gerald



次回の記事は、『蓄音機ショー』を御紹介致します!

Thank u.
Fukuroutoneko


チケットお取扱店

1


紙チケット発売開始!

先行しておりましたメールご予約に加え、
紙チケットの販売を開始致しました。札幌市内5箇所でお取り扱いです。
前売りは¥2,000です。

・HMV札幌ステラプレイス店 札幌市中央区北5条西2丁目 JRタワー札幌ステラプレイス4F
・RECORDS RECORDS南2条店 札幌市中央区南2条西5丁目
・大丸プレイガイド  札幌市中央区南1条西3丁目 大丸藤井セントラルビル1F
・4プラプレイガイド 札幌市中央区南1条西4丁目 4丁目プラザ1F
・Bar Magazzino 札幌市中央区南2条西4丁目乙井ビルB1F

本日より一斉発売です!
どうぞ宜しくお願い致します。

JAZZMAN GERALDという人

Jazzman Gerald


Jazzman Gerald氏は多彩です。

世界でも有数のコレクター、そして自身の審美眼で貫いてきたJAZZMAN RECORDSのオーナー。
”良質の沸点”がGerald氏に到達した時に、そこにジャンルの垣根は意味を持たない。

その証しとして、JAZZMAN RECORDSから発表され続けている音色を覗うと
jazz,soul,funk,boogaloo,latin,R&B,jive,bigband,,50s,60s,70s,,,
どれを扱ったにしても、捨て曲一切無し。
存分にJAZZMAN RECORDSにふさわしいものばかり。

例えば、2011年4月にプロアマ問わず世界中で音源として新しく作られた曲があるとしましょう。
星の数にとっても近い。
その中で50年後、2061年を生きる人々へどんな曲が凄みを失わずして届けられるのか?
誰が見つけてくれるだろうか?それは喜ぶに値するものだろうか?

現在、ジェラルド氏とJAZZMAN RECORDSは
旧音源の発掘と惜しみない再発、果ては新録までを発表している。
こうして文字にすると簡単だが。
時代を遡った上で、その中からコツコツと素晴らしいものを見つける作業はたいへん難しい事だ。

時間が経つにつれ、新しいものがどんどん生まれる。
忘れてしまい埋もれていった素晴らしい曲は、今どこにいるだろうか。
もう一度ダンスフロアで高鳴る事を夢見ながら、ジェラルド氏を待っているようにも思える。

こうして甦った”特別のみ”な音楽。
時間職人ジェラルド氏とJAZZMAN RECORDS。
稀有だ。稀有と呼ばれる仕事はきっちりしている。

手掛けた音楽も然ることながら
審美眼を貫き通す姿勢に触れる機会、ジェラルド氏という人間にも期待が及ぶ。

今回のジャパンツアーは昨年10月から組まれていた。
たいへんな事になってしまっている日本。
3月に渡航の意思を尋ねると『もちろん行く』と答えたそうだ。


『いいものはいい』そんな風に聴こえる。
いいものをいいと感じる耳をもっと育ててあげなければ。
5月2日、たぐい稀な時間に恵まれたようです。


logo


文/神原

Dj UCHIYAMA(HMV JAPAN)

uchi.jpg

HMVジャパン 東北・北海道ブロックヘッド。
ラジオFM NORTH WAVEで日曜日深夜24時から25時、
ブラックミュージックがメインの"MIDNIGHT NOTES"のパーソナリティも務めております。
極上、鬼レアなソウルミュージックが、楽しいトークとともに流れます。


たいへんご多忙な方で、画像を撮りに職場へ押しかけた際に
『今日テクノのTシャツだ~脱ぎましょうか?』と、はにかむお姿が印象的でした!
骨の髄までMr.Soul man!


『チケットのメールご予約』絶賛承り中☆

宛先は jazzmansapporo@gmail.com です。
こちらのblog内メールフォームもご利用可能です。

■お名前
■人数

を、ご記入頂きご送信願います。
受付後、こちらより返信メールを送信致しますのでご確認をお願い申し上げます。

当日は、受付(キャッシャー)でお名前確認後、
お一人様につき、前売り価格の¥2000のお支払いとなります。



  • @

続・フライヤー配布の記

前回の続き。

フライヤー配布の旅、まずは我々スタンダード・狸小路周辺を東へ西へ。
この日は暗くなるまで西へ東へもいちど西へそして北へとひたすら歩いて配布。
刷り上った分全部持ってきていたので鞄もずっしりです。

あけましておめでとうございます。

さえこ正月

1丁目を過ぎたあたりで、まだお正月中の民家を発見☆
お引越しされたみたいで、テナント募集中でした!

この日、今シーズン1番とも思える良いお天気で、お散歩気分。
フライヤー撒きって、1人でやることの多いなにげに孤独な作業ですが、
このたびはとても楽しかったです!


狸小路を東に抜けたところに新しくオープンした創成川公園で休憩~


「ロシアまで○○キロメートル」みたいなお船の案内板。

かん船

ガリバーっぽい?

ベンチで和んでたら某夕方テレビの生中継の団体がやってきて包囲されました。
レポーターの方が「新しい公園どうですか??」「アナタ札幌の中心に座ってるんですよ!どーですかー!!」みたいにワーッとおやりになり、ワーッと去って行きました。


後からADさんぽい方がやってきて記念品くれました。
諦念の笑みを浮かべる神原さん。

かんTV

このあと神原さんの携帯は鳴りまくりでした。
大反響。
みなさんわりと夕方にテレビみてらっしゃるんですね~。
告知させてもらえばよかった。笑

設置にご協力いただいたショップの皆様、本当にありがとうございました!


『チケットのメールご予約』絶賛承り中☆

宛先は jazzmansapporo@gmail.com です。
こちらのblog内メールフォームもご利用可能です。

■お名前
■人数

を、ご記入頂きご送信願います。
受付後、こちらより返信メールを送信致しますのでご確認をお願い申し上げます。

当日は、受付(キャッシャー)でお名前確認後、
お一人様につき、前売り価格の¥2000のお支払いとなります。

皆様のご予約をお待ち致しております!
pray for u.

文責/saeko

刷りたてのフライヤーの匂いは教科書の匂い。

ある晴れた日の、
フライヤー配布珍道中記のつづきです。

はてさて、待望のフライヤーちゃん。

mommashi


すいません、ズルしてデザイン担当モンマ氏の写真を使ってしまいました。。

このフライヤー、
告知にご協力いただくショップさんなどに配りまわるわけですが、
スムーズにお渡しできるよう、
事前に一定の枚数ごとにまとめておきます。



にーしーろーやーとー♪にーしーろーやーとー♪

742714951302107711.jpg742714951302107711_20110407053351.jpg742714951302107711.jpg



一生懸命数えてる私の前で神原さんは、
あたらしい☆印刷物の☆匂い☆!!

と、童心にかえってらっしゃいました。
新学期の教科書の匂いですね、わかります。


「ところで神原さ~ん、私頭がボーとするんですよね~」
と唐突にお悩み相談をしたら爆笑されました。
ボーと!ボーと!!(爆笑)ヒ~何枚目かわかんなくなるじゃん!!」


と、キトミさんご乱心。


今回のツアーでは、あのイケメン英国人DJ LINCOLN も来札するのですが、
彼が、コトミさんという勘違いしているようで、

「キトミサァ~ン、キトミサァ~ン」と呼ぶそうな。
現場でも要チェックやで!


ひとしきり、私の頭がボーとする不具合を訴え終わったところでっ



さあて、出発です☆


kambara


文責/サエコ

ジャズマン札幌フライヤー配布隊☆集結!

小春日和は冬のことば。

そんなんじゃなく!!!
来ましたね~!

ぽっかぽっか陽気を、
小出しでだしてくる札幌の春をかき集めて、
日々明るく元気な気持ちでいけそうな
見事な晴天でしたね、今日は。


このところの悩み。
あたまがぼーとする。
ニュースの見すぎかって話もありますがね、
震災で頭の中からひっくりかえっちゃったんですかね。

あたまが。

ぼーとするあたまが。


あたまがぼーどころじゃなく
甚大な被害に苦しんでる多くの方々は、
1日もはやく、安心して過ごせるようになりますように。
こころから祈ります。



今日の待ち合わせは昼過ぎにお気に入りカフェ・ZAZIにて。

最近贅沢してなかったので、
奮発してチェリーパイのセットでも☆

zazi


チェリー食べ終わるころ待ち人きたり。
チームFukuroutoneko(ふくろうとねこ)もしくは水玉戦車。集結!

↓荷物の中に水玉さんはいませんか~

271576286_20110407051950.jpg


まずは!

フライヤー分配準備~♪

☆☆☆つづく

文責/サエコ

メールご予約開始致しました!

jazzman omote


本日より、『チケットのメールご予約』を承ります。

宛先は jazzmansapporo@gmail.com です。
こちらのblog内メールフォームもご利用可能です。

■お名前
■人数

を、ご記入頂きご送信願います。
受付後、こちらより返信メールを送信致しますのでご確認をお願い申し上げます。

当日は、受付(キャッシャー)でお名前確認後、
お一人様につき、前売り価格の¥2000のお支払いとなります。

皆様のご予約をお待ち致しております!
pray for u.


Fukuroutoneko(SAEKO+KAMBARA)

さて、何枚あるかしら?

ふくねこ

Fukuroutoneko Presents
JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
2011年5月2日(月)22時、プラスティックシアター


こんにちは。企画の神原です。

いったい何枚のMADE in 『JAZZMAN』が我が家にあるのか調べてみました。
誰の頼みでもないですが。
26枚、佇んでいました。

膨大に発表されているタイトルのほんの一部にしか過ぎないので
あとは、Gerald氏のPLAYを待つばかりです。

いつ買い始めたのか覚えがございませんで、
手元にあるJAZZMANの7インチ、1st品番をDiscographyに照会してみると。

1998
JM-001
Kathleen Emery 
Sometimes I Feel Like A Motherless Child / Evil Ways

1998年JAZZMAN創設の年と共に札幌で入手という事が、今になって分かった次第です。

当時、札幌市内のレコードショップ、
RECORDS RECORDS南2条店の西崎氏が積極的にシリーズを揃えて下さり、
なかなかコンプリート出来ない速いテンポで、新しいタイトルが並んでおりました。
当時はご本人が来札とは全くもって考えてもおらず。
ザキさん、ありがとう!


あれ!!!

ふくねこ

Vinyl(アナログの、ロマン。)を
大切にされている皆様は目を疑うかもしれませんね。

このニャーは、酔うてもPLAY出来るようになされたマーキングです。
Gerald氏が来る前には剥がしておきます。



Jimmy Scottが歌う
Sometimes I Feel Like A Motherless Child (JAZZMAN 1st.同タイトル曲)




穏やかな生活にもどりますよう。
文/神原(Fukuroutoneko)

アナログの、ロマン。

Fukuroutoneko Presents
JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
2011年5月2日(月)22時、プラスティックシアター

analog roman

GUEST DJ JAZZMAN GERALD (JAZZMAN RECORDS/FROM U.K.)

JAZZMAN GERALD

1998 年、英国のジャズマンレコーズ創設。
レアで良質なソウル、ファンク、ジャズ等を自身のレーベルである、
JAZZMAN,FUNK45,STARK REALITYから、
7インチというフォーマットを中心にして発表してきたジャズマン・ジェラルド。
現在では悠に100を越える多彩なタイトルの数々。
最近では、 50s,R&B,ジャイヴ,ビッグバンドジャズ,ラテンを中心に
再発を続ける大好評の『Jukebox Jam』シリーズがある。
50'sリヴァイヴァルに拍車が掛かる現在のリアルなUKにおいて、
ジャズマンはさらに時代を遡り、1949年リリースのキラースウィング、
しかも78回転シングルを世界初再発、という偉業を成し得た。
この夜、ジャズマンの膨大なレコード棚から札幌に向けて何が取り出されるのかは誰にも分からない。
それだけに大きな期待が寄せられる。

www.jazzmanrecords.co.uk




Fukuroutoneko Presents
JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO
2011年5月2日(月)22時、プラスティックシアター

GUEST DJ LINCOLN WOOD (SEARCHING,BEBOP SQUARE/SOUL FEELIN'/FROM TOKYO)

Lincoln

69年ロンドン生まれ。
現地のジャズやソウル、ファンクのクラブにおいて、
多くのダンサーやDJがシーンのスタイルを確立しつつあった80年代 より音楽活動を開始。
Keb Darge、Snowboyと共にイベント"Legendary Deep Funk"のオリジナルメンバーとして活躍。
90年代後半に日本に移住してからも数々のイベントでDJをこなす傍ら、
2000年にDEEP FUNK直系イベント"SEARCHING"をスタートさせ、
2002年よりUK JAZZ DANCEシーンを継承するイベント"BEBOP SQUARE"のレジデントDJを務める。
聴衆/ダンサーの心身を解放する、的を射た選曲&マイク・パフォーマンスでフロアを魅了する。

Dj Fat Masa (JOYOUS JAZZ/WONDERFUL WORLD PRODUCTION)

FAT MASA


北海道のCLUB JAZZシーン黎明期より活動開始。
造詣の深さに裏打ちされたセンスと人を惹きつけて止まないキャラクターで人気を博し、
北海道各地の数々のイベントにおいて活躍する。
国内外のJAZZ系DJの招聘、『USEN for cafe apres-midi』の選曲、
ラジオのMIX SHOW、百貨店のコレクションのための選曲などを手がけている。
JAZZ~生音系サウンドを北海道にさらに広めるための『北海道生音推進委員会』、
活動基盤『ワンダフルワールドプロダクション』を設立。
FMノースウエーブ毎週土曜夜九時クラブジャズ専門番組「JOYOUS JAZZ」担当。
  • @

Dj Takezo (Gimme Some Lovin'!/HIP CITY/SFN at JAY'S CAFE)

Dj Takezo


札幌のソウル・ファンクパーティを縦横無尽に闊歩し、
ぎっしりな週間スケジュールと闘う気さくな昭和系ビジネスマンDJ。
DEEP FUNK~SOUL、JAZZ、BRAZILなどをメインにスピン。
音楽仲間の広がりや楽しむ空気を大切にする。現在は円山音遊び発掘中。
レギュラーイベント・奇数月金曜開催Gimme Some Lovin`!(at PLASTIC THEATER)、
Hip City(at a-life)、Soul Food Night(at 円山Jay's Cafe )
  • @

Dj Kensuke (BLUE IN THE FACE)

Dj Kensuke

地元室蘭でBLUE IN THE FACEを主催の他、札幌でも様々なイベントで活躍。
DJ大塚広子やRYUHEI THE MANなど国内有数のDJとの共演歴をもつ実力派。
本物のかっこいい音源を掘り分ける能力に長け、DJ仲間からの信頼も厚い。
北海道ナンバーワンdiggerの異名を持つ。
大柄で強面な風貌とは裏腹に、穏やかで謙虚な性格の、北海道のデトロイト室蘭の静かなる工場長。
  • @

Dj Matsuda (FAbULOUS LOUNGE)

Dj Matsuda


不定期イベント、FAbULOUS LOUNGE等、カフェ系イベントをメインに活動中。
5月2日はJAZZ、RARE GROOVE、SOFT ROCK、O.S.Tでアルコール度数が高まる。
  • @

蓄音機ショー

HMV #102

★PHONOGRAPH SHOW
NAKANO(MAWASHI RECORD)

NAKANOによる蓄音機で聴く音楽の時間。

人類にとって音楽再生を楽しむ最初の手段として、百年以上も前に生まれた蓄音機と、
貴重なコレクションを、ポータブル蓄音機の傑作と謳われる英国製HMV #102などを使用して披露。
クランクを使ってくるくるとぜんまいを巻くところから、
78回転の特別な時間が始まる。

司会はMC MORRY。

JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO

Jazzman Gerald



Fukuroutoneko Presents
JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO

2011/5/2(mon) START 22:00
@PLASTIC THEATER

GUEST DJ
JAZZMAN GERALD(JAZZMAN RECORDS/FROM U.K.)
LINCOLN(SEARCHING/BEBOP SQUARE/SOUL FEELING)

SUPPORT DJ
FAT MASA(JOYOUS JAZZ/WONDERFUL WORLD PRODUCTION)
TAKEZO(Gimme Some Lovin'!/HIP CITY/SFN at JAY'S CAFE)
KENSUKE(BLUE IN THE FACE)
MATSUDA(FAbULOUS LOUNGE)
UCHIYAMA(HMV SAPPORO)

PHONOGRAPH SHOW
NAKANO(MAWASHI RECORD)

MC MORRY

ART WORKS/YUSUKE MOMMA
PROJECT/Fukuroutoneko(SAEKO+KAMBARA)

adv.¥2000 w/f.¥2500 adm.¥3000

Appendix

プロフィール

jazzmansapporo

Author:jazzmansapporo
★JAZZMAN GERALD JAPAN TOUR 2011 in SAPPORO★
2011/5/2(mon)@PLASTIC THEATER

Djs:Jazzman Gerald / Lincoln Wood / Fat Masa / Takezo / Kensuke / Matsuda / Uchiyama

Phonograph show / Nakano (MC:Morry)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。